読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kamito's_note

不定期で適当に更新していくスタイル。

CSS変更練習用

リポジトリの作成

#include<stdio.h>

int main(){
    printf("helloworld!!");
return 0;
}

勉強会に参加してきました。

ゆるい勉強会クラウドの知識から学ぶ Azure 勉強会@旭川に参加してきました。

今回はその名の通りAzureについての勉強会です。
クラウドについて触れる機会がなかった上に主催者知ってる人だし、近かったので参加してきました。
なん月だったか忘れたけど(多分6月くらい)OSCでIoTの話を聞いてから便利そうだなとは思っていたけど全く触れていなかったので話だけでも聞いてくかなくらいで参加してきました。
自己紹介したりお菓子食べたりクラウド&Azureのお話を聞いて帰ってきました。 主催者がtomioティーチャーの時は必ずお菓子が当たるよ。
今回のお菓子。会場代が人数多くて浮いたのでかなり奮発したようです。 f:id:Kamito4510471:20150920124601j:plain お菓子で出来たお弁当 f:id:Kamito4510471:20150920141826j:plain お菓子で出来たお弁当はtomioティーチャーが隣で食べてたけどご飯の部分はカステラの端っこに生クリームかなんかを塗ってあって梅干しはいちごだったぽいです。茶色の部分はよくわからないけど甘いって言ってた(適当
クラウドのお話は全体的にメリットが多いように聞こえました。全くクラウドについての知識がなかったけれどスケールアウト/イン スケールアップ/ダウン を自由にできるっていうところがとても記憶に残ってます。ハードウェア置く場所がいらないし、無駄に買うこともなくて便利だなと感じました。デメリットの部分で印象に残ったのはやっぱりメンテナンスの問題。自分の手元にサーバーがないので中身は自由にいじれないしメンテナンスの時間も勝手が聞かないっていうところが印象に残った。あとはAzureを使うときのお金の問題。自分でやって慣れようとするために金が必要だってことがクラウドに対して手の出しづらいのではないかなと思った。無料で30日間は使えるのでそれをフル活用するしかないね。0円でつかえるサブスクリプションもあるっていう話も聞いた気がする。あとはオフレコの話が個人的に笑えた。
そのあとにRemoteAppのお話があったけど内容がよくわかんなかったのでスルー。気になったらリンクに飛ぶかggってね。
その後は主催者がお話してたよ。地域の勉強会少なすぎるからお前ら作って腐ったら困る人材救おうぜ!!みたいな内容だった気がする。時間を気にしてココらへん聞いてなかった。
今回の勉強会によってAzureで色々できるようになったしデモが多かったので操作もわかりやすかったし、細かいところまではいじれないけど簡単に仮想マシンぶっ立てていろいろやることはできそうだな。でも手元にwindows入ってるPCがない(壊れてる)のでまだAzureは触れない...切ない気分になったけれども単にAzureだけの話だけじゃなかったしクラウドについてもしっかりと勉強できたのでいずれはIoTをやりたいな。

vimの設定を引き続きいじっていく。

前回に引き続きvimrcをいじっていく。

  1 " 表示設定 "
  2 set number    " 行番号を表示するやつ。
  3 set title         " 編集中のファイルの名前を表示する。
  4 set showmatch     " 括弧入力時の対応する括弧を表示してくれる。
  5 syntax on         " その名の通りsyntaxをonするやつ。
  6 set tabstop=2     " ファイル内の Tab が対応する空白の数らしい。  
  7 set smartindent  " 新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行うらしいけれどautoindentとの違いはわかってない。
  8 set autoindent    " オートインデントを有効にする。
  9 set shiftwidth=4  " シフト移動幅(オートインデント時に使用するインデントの深さらしいです。)
 10 set smarttab      " 行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントしてくれるやつ。
 11 set cindent       " C言語用のインデントを有効にする。
 12 colorscheme torte " カラースキームの設定。
 13 " 検索設定 "
 14 set ignorecase    " 大文字/小文字の区別なく検索してくれる。
 15 set smartcase   " 検索時に大文字を含んでいたら大/小を区別してくれる。 
 16 set wrapscan      " 検索時に最後まで行ったら最初に戻ってくれるやつ。

結果は…

  1 #include<stdio.h>
  2 
  3 int main()
  4 {   
  5     printf("hello wolrd!!");
  6     return 0;
  7 }

これでだいぶ使いやすくなった。

2017/2/7 追記して適当に文を整えた。

vimの設定をいじり始めた。

vimrcをいじろう

  1 " 表示設定 "
  2 set number //行数表示
  3 set title  //たぶんファイル名表示
  4 set showmatch//忘れた
  5 syntax on //シンタックスをオンするんです
  6 set tabstop=2 //タブを押した時の空白
  7 set smartindent //勝手にインデント揃えてくれる
  8 colorscheme torte //背景色とかフォントの色をかえる設定
  9 " 検索設定 "
 10 set ignorecase 
 11 set smartcase
 12 set wrapscan

実際に使ってみた結果

  1 #include<stdio.h>
  2 
  3 int main()
  4 {
  5         printf("hello wolrd!!");
  6         return 0; 
  7 }

インデント揃ってなくないか? まあ次どうにかするってことで。

2017/2/7 追記して文を整えた

LOCAL学生部総大会に参加してきました。

LOCAL学生部総大会に参加したよ。

LOCAL学生部総大会に8/29,8/30参加してきました。
 今回はhaskellを勉強してきた。 わかんないことだらけで周りの人にとても助けてもらったのでいろいろ学んで帰ってきました。 ブログ書けと言われたのが昨日だったので若干遅かった気もしなくはないけどネタがなかったためにこのネタでブログを書くことになった感じです。
 一日目は集合時間に遅れた人が若干名いたけれども、無事に全員集合してILの会議室ですごくHな本を読んで晩御飯を食べながら色々喋って名刺を交換したり楽しく終了。宿が宿泊研修でよくあるような感じでなんとも懐かしい感じがした。
 二日目は朝起きて身支度を済ませ宿からチェックアウトしたあとに途中で朝ごはんを買いながら開発会場であるILの会議室まで向かう形に。途中マラソンの影響で集団が分裂したりしたけれど無事に辿り着けた。良かった。それからまた昨日の続きを読んでいって、お昼ごはんにCOCO壱のカレーを頼み、LT戦争が勃発して、ガ○これだのよく自分が使ってる情報収集用のサイト晒してる奴が湧いてきたり、親指シフトの宣伝をしている奴がいたり、全体的に自由な感じで色々なテーマでLTやってくれるので飽きない感じでとても楽しかった。そして続きを朗読して今回の勉強会は終了。途中に色々なお客が来てクッキーくれたりチョコくれて色々得した気分になって帰ってきました。
帰りの電車に間に合わないで特急で帰るはめになったけれど関数型言語に触れる機会が今回初だったのでわからないことのほうが多かったけども、興味が湧いたし勉強できることが増えたのでHaskellを練習するかなって気が(現時点では)してる。

〜今後の予定〜

今後は適当に参加した勉強会で学んだこととか簡単そうなハンダ付けの練習結果や小さい電子機器(充電器とか)プログラミングの練習結果とか組み込みでこんなことやりましたとか色々適当で雑な感じに俺の気が向いた時に書いていく(予定)。 今回のネタは時間が経ちすぎて何をしたか思い出せない気もしなくはない。  画像をなるべく増やしていって文字を削っていきたいとプレビューを見て感じた。 

iphoneをなくしたために画像がないよ!

只今必死に探しているので見つけたらご飯とか二日目のご飯のメニューとかどうでもいい画像を載せます。LTの画像は参加者の許可を取ってないしとるのもだるいので載せられん。